世界の自動車博物館巡り16 (アメリカ編 2 )

自動車遊び 追求人  星埜 道夫

person in pursuit of the pleasure of the car

筆者紹介

星埜道夫

略歴

1948年7月生      横浜生まれ本籍:東京都

0歳~5歳         東京都町田市在住

5歳~中2         埼玉県さいたま市在住

中3~高3        栃木県宇都宮高校在籍

1974年~2008年トヨタ自動車株式会社在籍      

        ・主に海外生産畑を担当、長く海外生活を送る

2008年~2016年  曙ブレーキ工業在籍

        ・研修インストラクターとして人材育成に活躍

2016年~     自動車遊びに専念

        ・(小型高性能車大好きフリーク)

趣味          

   読書、音楽鑑賞、自動車遊び、モノ作り

会社時代のキーワード 

 着眼大局・着手小局

モンタレー・カー・ウィークその1

<8回に分けてレポートするモンタレー・カー・ウィーク、今回は1回目、導入編です。>

自動車に興味のある人ならぜひ見てみたいペブルビーチ・コンクール・デ・エレガンスを中心としたモンタレー・カー・ウィーク見学記です。8回に分けてレポートして行こうと思います。

第一回(21年6月) : 地理的なイメージとWorldWide Actionersのブース。

第二回(21年6月中旬予定) Goodings&Company Auctionのブース

第三回(21年7月予定) : ラグナ・セカ・スピードウエーのパドック

第四回(21年7月中旬予定) : ラグナ・セカ・スピードウエーの走行シーンを中心に

第五回(21年8月予定) : キャメル・バイ・ザ・シー

第六回(21年9月予定) : コンコース・イタリアーノ。

第七回(21年10月予定) : ペブルビーチ・コンクール・デ・エレガンス、準備と雰囲気

第八回(21年10月中旬予定) : ペブルビーチ・コンクール・デ・エレガンス、本選と帰還

<全体の行事>

モンタレー半島全体がお祭り騒ぎ、いろいろな行事(展示)並行して行われるので、全部を見るのは不可能。それにしてもモンタレーは自動車フェスティバルだけでなく、ジャズ・フェスティバル、ポップ・フェスティバル、そしてゴルフPGAツアーのペブル・ビーチとアトラクションたっぷりの町です。モンタレーに在住の超・超・超お金持ちは慈善活動としてそれらの活動に参加することがリッチの証明みたいなものの様です。

<場所・交通など>

サンフランシスコからは車で一時間強、ロスアンジェルスまでは五時間半、飛行機の場合にはそれぞれからプロペラ小型機の定期便の移動になります。次の地図でご紹介する様にモンタレー近郊での移動が必要ですので、レンタカーが一番便利です。カー・ウィーク中の市内・近郊ホテルはプレミアム価格で超お高く、相当前からの予約が必要なようですが、車で30分位離れたところを探せば幾らでも見つかります。尤も贅沢な気分は味わえませんが。

<近郊、ラグナ・セカ・スピード・ウェー>

メインであるコンクールの開かれるペブル・ビーチ・ゴルフ・リンクス、Auctionなどの会場のあるパシフィック・グローブ、コンクール参加車の走行会のあるカーメル・バイ・ザ・シーと17マイル・ドライブ、そしてクラシック・カー・レースで有名なラグナ・セカ・スピード・ウェーなど車で一時間くらいの場所に密集しています。

<ポルシェ・エンター・モンタレー>

モンタレーの町に入っていくとポルシェ・センター・モンタレーがあったので一服、なんと中にはラグナ・セカ常連のポルシェ356や、すっぴんの356など!隣のラジエータ修理屋の前にはロータス・セブン!一挙に自動車心が盛り上がりました。

<WorldWide Auctioner>

パシフィック・グローブの仮設テントで開催されているWorldWide Actionersの展示です。一番奥は海岸べりの芝生!

<WorldWide Auctionersで目についた展示車両>

あくまでも個人の趣味での選択です。何となく偏っているでしょう!

*AC Aceロードスター、FordV8以前の本物!

*ASA1000GT、小さなフェラーリ!

*Austin Healey、綺麗すぎです。やっぱり錆の出にくいカリフォルニアの気候のせいでしょうか?

*SS ジャグア、プアマンズベントレー!サー・ウィリアムス・ライオンズはマーケッティングの天才ですね!

*アルファロメオ6C 2500、アルゼンチンのエビータ大統領夫人とか女優のリタ・ヘイワースとか当時のセレブの一押しモデルです。

*アルファロメオ1750GT、何となく庶民の手の届きそうなアルファ、レーシング仕様も格好いいけれど、こんなさりげない姿も格好いい!

*アルファロメオ・ジュリエッタ、ダスティン・ホフマンの「卒業」を思い出しました。

*シボレー・コルベット、TVドラマ・シリーズの「ルート66」ってご存知ですか?

*ジャグアEタイプ、史上で一番美しい自動車の面目躍如、でも相当に「内股」、後ろにFord GT!

*フェラーリ330GT、この頃のイタリアは自動車デザインのメッカ!真後ろから見ると幅が狭いのにはびっくり!

*フェラーリ・ディトナ、TVドラマ・シリーズの「マイアミ・バイス」はオープンでした。

*ポルシェ944、凄い車なんだけど、リアエンジンでないとダメなのかな~!

*もちろんリアエンジン・ポルシェもございます。

*モーガン・プラス・フォー、やっぱりモーガンには見えないな~!

*ランチア・アウレリア、ハードトップ付きです。渋い!

<え! ベンツ300SL!>

Auction会場を出てウロチョロしていると、後ろから図太いエクゾースト・サウンドが!えっ!ベンツ300SLだ!自分の第五世代ゴルフにも通じるドイツ人のお尻が丸い!ドイツのデザインってエグイすね。

<本稿完>

関連記事一覧

  1. posto.jp × 日本自動車博物館
PAGE TOP