自動車の黎明期〜大量生産へ

1-1ドデオンブートン

1-2  ロコモービル

1-3 ベルリエV−G22

1-4 フィアットトポリーノ

  1. 1-1
  2. 1-2
  3. 1-3
  4. 1-4

ドデオンブートン(1899年)

20世紀に、大発展したガソリン車の  基礎的技術を確立した元祖の車。

1899年 フランス

ロコモービル(1901年)

日本に最初に輸入され、国内で最初に 走った蒸気自動車とされている。

1901年 アメリカ

ベルリエV-G22 (1922年)

大正時代に輸入されたフランス製の オープンスポーツ・ツアラー。

1922年 フランス

フィアットトポリーノ (1936 - 1955年)

戦前戦後のイタリア小型大衆車の代表。
小柄なボデーで機敏に走り回りトポリーノと呼ばれ大人気であった。

1936年 イタリア

PAGE TOP