国産車の誕生〜第二次世界大戦


2-1ニューエラー

2-2 ダットサン 17Tロードスター

2-3 トヨタABRフェートン

2-4 くろがね四起

  1. 2-1
  2. 2-2
  3. 2-3
  4. 2-4

ニューエラー (1930年)

「蒔田鉄司」氏が開発した、ニューエラーの国内現存はこれ一台のみである。

1930年

ダットサン17T ロードスター (1938年)

戦前の国産小型乗用車で最多生産。
エンジンも水冷4気筒と信頼信頼も高かった。

1938年

トヨタABRフェートン (1938年)

当時の姿のままで現存する、日本で唯一の貴重な車両。

1938年

くろがね四起 (1941年)

帝国陸軍より依頼され量産された日本 内燃機の日本初の四輪駆動車。

1941年

PAGE TOP