今も愛される「現役」トヨタスポーツ800 その13            

筆者紹介

杉山泰成  (神奈川県藤沢市在住)

筆者のご紹介・略歴は、今も愛される「現役」トヨタスポーツ800その1を、ご覧下さい

—米国西海岸のYota8 めぐり (Part 1)—

Toyotafestに参加のトヨタ車とYota8

・日時:2016年5月7日

・場所:米国 カリフォルニア州ニューポート ビーチ(Newport Beach)

・参加:トヨタスポーツ800(Yota8)はじめ450台超のトヨタ車

・主催:Toyota Owner’s and Restorer’s Club(T.O.R.C.)

1、このイベントのポスターです。

2.Flat Twin(水平対向エンジン)として、Yota8(2台) とパブリカコンバーチブル(1台)が参加しました

左: Kさんは、ロサンジェルスの北西約40KMの町からの参加です。

右: SファミリーがこのToyotafestに参加するために、サンフランシスコからトレーラーに載せて、夫婦+息子で参加してくれました。

パブリカコンバーチブル(UP10S)は、7前期型なので700cc(U型)のエンジンが搭載されていましたが、Yota8の2U型に換装し、フロント廻りも後期型のフェンダー、ボンネット、グリルに変更されています。

.MR2, ランドクルーザ、スプリンター・トレノ、他日本でも貴重なトヨタ車がズラリと並んでいます。

        

4.トヨタが米国のみにSCIONのブランド名で販売していたクルマ(日本名Vitz?)を大胆に改造したようです。

5.傑出していたのは、2Jエンジンを換装したクラウン(50系)で大変きれいな出来でした。

以 上

参考:

次回の、「その14、 米国西海岸のYota8 めぐり(Part 2)」は、西海岸のYota8オーナー訪問です。

以 上

関連記事一覧

PAGE TOP