ガソリンエンジン トヨタR型 1953年(昭和28年)

1953年に開発された排気量1453cc、48馬力の4気筒エンジンです。

経済性・耐久性の優れた、気筒の口径と行程とがほとんど等しいスクエアタイプのエンジンです。「トヨペット・スーパー」に初めて使用、その後1955年「トヨペット・クラウン」に搭載され一躍有名になりました。

関連記事一覧

PAGE TOP