ミドルクラスの個性的な高性能車 カワサキZ650FOUR(日本)1976年

大排気量バイクが主力のカワサキが新設計さした。

652cc・並列4気筒DOHC2バルブのエンジンを搭載したコンパクトなロードモデルだ。

最高出力の64馬力に対し、車重は228kgと軽く、運動性能は高い。

“風を切り裂くように走る”という語意の「ザッパー」という異名が付けられた。

以後、様々なモデルのベースエンジンになった。

関連記事一覧

PAGE TOP