チェンジレスチェンジという地道な改良 スバル360・日本・1965年

 スバル360は、1958年から約12年、ベースモデルは大幅なボディデザインの変更なく生産されたが、数多くの改良は施された。

65年式はデビュー時と比べて内装が豪華になり、出力も16馬力から20馬力に引き上げられた。

ボディに書かれた寄せ書きは、2018年8月に行なわれたラリーイベントの参加者が書いた。

関連記事一覧

PAGE TOP