ホンダS800がベースの公道クーペ ホンダ コニリオⅡ クーペ (日) 1968年型

1969年の日本グランプリでクラス1、2位を占める快挙を上げたレーシングカーがあった。

ホンダS800をベースに、軽量で空力に優れた繊維強化プラスチック(FRP)ボディを載せた車だった。

写真の車はそのシャシーに、レーシングカーデザイナーの濱素紀氏が街中でも使用できる車として造ったクーペ。

長いルーフが特徴だ。

関連記事一覧

PAGE TOP