日本的な美を表現した最高級車 トヨタ・センチュリー・日本・1977年

1967年に登場の初代センチュリーは、世界の豪華車を目指し、全ての面で新規開発された。

日本の伝統的美しさを全長5㍍に近いボディと内装に表現。

快適な乗り心地のため、国産乗用車で初めてエアサスペンションを採用した。

2代目にバトンタッチする97年まで、小変更されながらほぼ同じデザインで約30年、生産が続けられた。

関連記事一覧

PAGE TOP