リアエンジンながらフルフラットな荷台 スバル・サンバートラック(改造車)・日本・1969年

スバル・サンバーとサンバートラックは、エンジンをリアに搭載し、後輪を駆動するという初代モデルから受け継がれた方式を採用していた。

68年には、エンジンが荷台下に収まり、荷台有効長が1856㎜と長いフルフラットタイプが登場し、三方開きモデルも追加された。

写真は消防車に改造され、富山県砺波市の消防団で使用されていたもの。

関連記事一覧

PAGE TOP