軽並みのサイズ・価格で800ccの余裕 トヨタミニエース・日本・1968年

 廉価・経済性、高速性、安全性を目標に開発された500㌔㌘積みのキャブオーバートラック。

排気量360ccの軽自動車に対し、800ccと大きなエンジンを積みながら価格は軽並みに設定された。

最小回転半径3・9㍍と小回りが利き、商店街の小口配送などに活躍した。バンや7人乗りのキャブワゴンも用意され、多様な用途に対応した。

関連記事一覧

PAGE TOP