ガルウイングドアのミニスポーツカー マツダ・オートザムAZ-1・日本・1993年

軽自動車初で初めて、ドアが上部に開く「ガルウイングドア」の2シータースポーツカーとして1992年に登場。同時期に登場したホンダ・ビート、スズキ・カプチーノがライバルだった。

エンジンは三気筒DOHCターボで、運転席後方に搭載するミッドシップレイアウトを採用した。ボディパネルは、一部取り外すこともできる樹脂性を採用した。

関連記事一覧

PAGE TOP