ツインカムエンジン搭載し走りを売りに トヨタ・スプリンタートレノGT・日本・1977年

1974年に3代目となったカローラ/スプリンターの兄弟車は、セダンは共通だがカローラは2ドアハードトップのレビンを、スプリンターは2ドアクーペのトレノをそれぞれ設定するなど差別化を進めた。

スプリンタートレノはスポーツバージョンで、ツインカムエンジンと5段手動変速機を搭載し、走りの性能の高さをアピールした。

関連記事一覧

PAGE TOP