短命に終わった三菱の軽三輪 三菱三輪ペット レオ・日本・1959年

これを受け、三輪各社は続々と軽市場に進出。三菱は最後発で、59年にレオを発売した。

1952年に軽免許が新設され、16歳から取得できるようになった。

運転席下にエンジンを配置したため、荷台スペースが広く、軽三輪クラストップの最高速度などを売に、61年には1万4千台を生産したが、翌年には軽四輪へ移行し、短命に終わった。

関連記事一覧

PAGE TOP