ゆとりある高速長距離セダンを目指す 3代目トヨペット・クラウンMS51型・日本・1970年

1967年に発売された3代目クラウン。

当時は黒塗り公用車のイメージが強かったが、個人需要の拡大を目指し「白いクラウン」キャンペーンを展開。

6気筒エンジンを載せた自家用向けグレード「オーナーデラックス」が新設された。

68年に車体中央の柱がない2ドアハードトップを追加。写真は69年のマイナーチェンジ後のモデル。

関連記事一覧

PAGE TOP