軽量車体に強力なエンジンで痛快な走り トヨタ・スプリンタートレノ・日本・1973年

 カローラのクーペモデルとして登場したスプリンターは、1970年5月の全面改良で車種が独立。その後、セダンも加えられた。

小型軽量のボディに、格上にセリカに使われた1600ccツインカムンジンを搭載。

スペイン語でトレノは雷鳴、レビンは稲妻。

トレノはクーペに追加されたスポーツモデルで、カローラレビンの兄弟車。

関連記事一覧

PAGE TOP