スペシャリティカーを代表する一台 ホンダ・プレリュード 日本 1981年

背の低いスタイリッシュなデザインのスペシャリティカーとして、1978年に登場した。

前輪駆動(FF)車でありながら、後輪駆動(FR)車に遜色ない走行性能もアピールされ、人気は高かった。

写真は装備が最も充実した最上級モデルのXXR。

2ドアで、後席は補助席と割り切る狭さ。国産車で初めて電動サンルーフを標準装備した。

関連記事一覧

PAGE TOP