日本の本格的な小型前輪駆動車の先駆 ホンダ シビック RS (日本)1974年

1972年7月、ホンダが世界のベーシックカーを目指して市場投入したのが小型乗用車シビック。

当時としては革新的な前輪駆動(FF)2ボックスの台形ボディを採用した。

日本と米国市場を中心に、76年7月までの4年間で100万台を突破する大成功を収めた。

展示車は、74年10月に高性能モデル版として追加投入された1200RS。

関連記事一覧

PAGE TOP