庶民の足、補助エンジン付き自転車 ミニ フリー (鈴木式織機㈱)  1953年型

敗戦後の耐乏生活の中では自動車はおろか、オートバイですら贅沢品。庶民の最も手軽な移動手段は自転車だった。その車体にほとんど手を加えず、小型エンジンを取り付けたのが、写真のような補助エンジン付き自転車。終戦直後の1946年から57年ごろまで存在した。メーカーの鈴木式織機は後の鈴木自動車工業、現在のスズキの前身である。

関連記事一覧

PAGE TOP