超怒級V16を造ったメーカーだ マーモン ルーズベルトフェートン(米) 1930年型

「マーモン」と言えば「16気筒」と続く世界でも数少ない16気筒車を生産したメーカーだ。創業は1902年で主に6気筒車を造っていたが1927年からは8気筒が登場、1931年から31年にかけて16気筒が5500㌦で市場に投入され歴史に名を残した。ルーズベルトは8気筒シリーズの中では一番小型モデルで1100㌦だった。

関連記事一覧

PAGE TOP