いくらバブル期でも膨らみ不要 オーテック・ザガート・ステルビオ 1991年式(平成3年)

オーテック・ザガート・ステルビオは、オーテックジャパンとイタリアのカロッツェリア・ザガートが日産レパードをベースに共同開発した2ドアクーペ。二百台の予定で、イタリアで生産され約半数が日本に輸入された。なんと言っても驚くのは、ドアミラーを覆ったボンネットフードの膨らみと、破格の1800万円という価格だ。

 

関連記事一覧

PAGE TOP