ヒットラーがポルシェ博士に命令 フォルクスワーゲン・タイプ1   昭和25年(1950年式)

ドイツのヒットラーは自身が提唱した国民車構想を具体化するために、ポルシェ博士に命じて設計させたのがフォルクスワーゲン・タイプⅠである。初期のボディカラーは黒のみ。この色と形状からカブトムシの愛称がついた。この車はリヤウインドーが二分割されているスプリットタイプの初期型で、バッテリーも6V(ボルト)タイプの稀少な車。

関連記事一覧

PAGE TOP